べしゃり暮らし

作者 「べしゃり暮らし」 作者紹介
森田まさのり 滋賀県出身の漫画家。
1984年、デビュー作「IT'S LATE!」が第27回手塚賞佳作。
代表作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」など。

主要登場人物 「べしゃり暮らし」 人物紹介
上妻 圭右
(あがつま
けいすけ)
学園の爆笑王と呼ばれるぐらいのお笑い好きで、ソバ屋の息子。 校長のカツラネタをしたために、校長からはかなり嫌われている。 とにかくお笑いのためにはなんでもするオトコ。
辻本 潤
(つじもと じゅん)
圭右の学校に転校してきた、元お笑い芸人でありクラスメイト。 ものすごく面白い漫才コンビを組んでいたのだが、ある理由から 解散して東京に来ることに・・・
土屋 奈々
(つちや なな)
圭右の幼なじみの可愛いクラスメイトの女の子。圭右と同じ 放送部に所属する。圭右の下ネタに頭を抱える。
子安
(こやす)
圭右のクラスメイトで放送部の仲間でもある。お笑いが大好き。 いろいろなお笑い芸人のファンで実際に詳しい。

「べしゃり暮らし」 作品紹介

べしゃり暮らし 1 (1)
「ろくでなしブルース」や「ルーキーズ」で有名な森田まさのり先生の 新連載作品「べしゃり暮らし」。現在のお笑いブームから来たのか、 お笑いのマンガである。

ウケるためなら命がけ!? 吉竹高3年の上妻圭右は、自称"学園の爆笑王"。その才能は、昼の放送でいかんなく発揮される! だがある日、大阪から転校してきた元芸人・辻本潤の出現で、爆笑王・圭右大ピンチに!?(第一巻)






画像検索  googl


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。