ドラゴンボール

作者 「ドラゴンボール」 作者紹介
鳥山明 愛知県出身の漫画家で日本を代表する漫画家の一人。代表作として「Dr.スランプ」や、この「ドラゴンボール」などがあり、1978年、「週刊少年ジャンプ」の「ワンダー・アイランド」でデビュー。「Dr.スランプ」、「ドラゴンボール」の両作品共にアニメ化され多数のTVゲーム、キャラクターグッズが発売された。またTVゲーム「ドラゴンクエスト」のキャラクターデザインを第一作目から担当していることでも有名。

主要登場人物 「ドラゴンボール」 人物紹介
孫悟空 「孫悟空」という名前は「孫悟飯」によって付けられ、幼いとき山に捨てられていたところを「孫悟飯」に拾われ育てられた。武術の腕をかわれて「ブルマ」とともに ドラゴンボール探しの旅に出る。弱点はシッポで満月を見ると大猿に変身してしまう。
パンチ必殺技:「かめはめ波」「太陽拳」「元気玉」「界王拳」など
ブルマ 「孫悟空」が初めて会った地球人。願いをかなえるため、ドラゴンボール探索機「ドラゴンレーダー」を発明し、7つ集めると何でも叶うドラゴンボールを探し旅に出る。西の都にあるカプセルコーポレーションの社長、「ブリーフ博士」の一人娘。
亀仙人 後に悟空やクリリンの亀仙流の師匠となる「亀仙流武術」の創始者で「武天老師」とも呼ばれる伝説の武道家。「かめはめ波」を編み出し、世界で唯一使える達人と言われている。年齢は319歳で悟空やクリリンの師匠であると同時に、悟空の祖父、「孫悟飯」の師匠でもある。
クリリン 「孫悟空」の親友。元多林寺の門下生でイジメに耐え切れず飛び出してしまう。その後「亀仙人」に弟子入りをして悟空とともに修行を受け、悟空とは兄弟弟子にあたる。
パンチ必殺技:「気円斬」「太陽拳」
ヤムチャ もとは砂漠の盗賊。通りかかった悟空たちを襲うが、女性の前で極度にあがってしまう癖を直す為にドラゴンボールを集めようと悟空たちに協力をする。
パンチ必殺技:「狼牙風風拳」「繰気弾」
プーアル 「ヤムチャ」を慕い行動をともにする動物型の地球人。「ウーロン」と同じ「南部変身幼稚園」を優秀な成績で卒業。ウーロンと同期だが仲はあまり良くない。なんにでも変身することができ、変身に制限時間がなく空も飛ぶことができる。幼稚園を中退したウーロンとは異なり頭は良い。
ウーロン ちょっとスケベな動物型地球人。「南部変身幼稚園」に通っていたが、先生のパンツを盗んで中退させられてしまう。5分しか変身できず、変身後は1分間の休憩も必要。変身能力を使って村から女の子を誘拐していたが、悟空にやっつけられて改心し仲間になる。
ピッコロ大魔王 もとは「神様」とは同一人物だったが、世界制服を企み「神様」と分裂してしまう。一度は「亀仙人」と「鶴仙人」の師匠である「武泰斗」の「魔封波」によって電子ジャーに封印されるが復活。ドラゴンボールによって、若返ることを願う。また口から吐き出す卵で新たな魔族を作り出す。
マジュニア 悟空に敗れた初代「ピッコロ大魔王」が死ぬ前に産み落とした分身で「ピッコロ大魔王」の生まれ変わり。頭さえ無事なら身体を再生することができる。世界制服の野望を引き継いでいて立ちはだかる「孫悟空」を殺すため、「天下一武道会」に参加し決勝で悟空と対戦する。

「ドラゴンボール」 作品紹介

ドラゴンボール (巻1)

ドラゴンボール 全42巻
山奥で一人で暮らしていた孫悟空の前に突然「ブルマ」が現れる。ブルマは七つ集めれば、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる「神龍(シェンロン)」を呼び出すことができる「ドラゴンボール」を求めてやってきた。悟空のじいちゃん「孫悟飯」が遺した珠がそのドラゴンボールだったことから二人の不思議な旅が始まる。

旅の途中、「亀仙人」や、村を襲っていた「ウーロン」砂漠で盗賊をしていた「ヤムチャ」と「プーアル」に出会いながらドラゴンボールを集めていく。しかし悟空たち一行は持っていた6つのドラゴンボールを奪われてしまう。


オフィシャルサイト  「ドラゴンボール」 公式サイト
画像検索  googl    yahoo


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。