からくりサーカス

作者 「からくりサーカス」 作者紹介
藤田和日郎 1988年に第22回新人コミック大賞入賞受賞し、1989年週刊少年サンデーにて「うしおととら」を連載開始。現在は「からくりサーカス」を連載中。

主要登場人物 「からくりサーカス」 人物紹介
才賀勝 巨額の遺産を相続し、父の兄弟(才賀善治)から命を狙われる。
気弱な少年だったが、旅にでて、苦境にもめげず、自らの運命と 戦っていくうちに、明るく振舞う気丈な少年へと成長していく。
加藤鳴海 中国拳法の使い手で「勝」と出会い、彼を助けた後に姿を消す。
感情的で真っ直ぐな熱血漢で、自動人形(オートマータ)とゾナハ病を 憎み激しい戦いを繰り広げていく。
才賀 しろがね
(エレオノール)
勝を守る氷のように感情を表に出さない人形使い。
勝の危機に伴い、加藤鳴海と出会う事で徐々に人間らしくなっていく。
ルシール・ベルヌイユ 最古の「しろがね」で過去に多くの戦いを生き抜いている。
目的の為には冷徹非情で「しろがね」に人形繰りを仕込む。
ギイ・クリストフ・レッシュ 「伝説のしろがね」として自動人形に恐れられ、エレオノールと共に 戦いに明け暮れ、エレオノールを育てる。

「からくりサーカス」 作品紹介

からくりサーカス (1)


からくりサーカス 40 (40)
愛人の子である才賀勝が、なぜか父親の莫大な遺産を受け継ぎ、
命を狙われることになる。
美女の「しろがね」ことエレオノールや中国拳法の達人である加藤鳴海
と出会い、自らの運命を切り開くために戦いに巻き込まれていく。







オフィシャルサイト  「からくりサーカス」 公式サイト
画像検索  googl    yahoo


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。