名探偵コナン

作者 「名探偵コナン」 作者紹介
青山剛昌 鳥取県出身。日本大学芸術学部を卒業。デビュー作品の「ちょっとまってて」で小学館新人コミック大賞に入選。代表作にはこの「名探偵コナン」の他に「YAIBA」などがある。

主要登場人物 「名探偵コナン」 人物紹介
江戸川コナン 工藤新一が「黒の組織」に毒薬を飲まされて小さくなった姿。「江戸川コナン」という名前は、体が小さくなったときに自ら江戸川乱歩とコナン・ドイルから付けた。「黒の組織」から正体を隠すために小学校に通う。
工藤 新一 日本屈指の高校生名探偵。現在は江戸川コナンという仮の姿で事件を解決している。
毛利 蘭 毛利小五郎の娘で新一の幼馴染み。空手部のキャプテンで気の強いところもあるが、ずっと新一の帰りを待っている。
毛利 小五郎 毛利蘭の父。妻とは別居中。元警視庁の刑事で無名の探偵だったがコナンのおかげで名探偵と思われ、「眠りの小五郎」とウワサされる。
服部 平次 新一にライバル心を持つ関西の高校生名探偵。ある事件で、コナンが新一であることに気が付く。

「名探偵コナン」 作品紹介

名探偵コナン 1 (1)

名探偵コナン シークレットファイル Vol.1
高校生にして名探偵の「工藤新一」が、正体不明の「黒の組織」の取引きを目撃してしまう。「黒の組織」は証人を消す為に新一に毒薬を飲ませ、新一は小学生になってしまう。
小学生「江戸川コナン」を名乗り、新一は元の身体に戻るため、その組織を追いながら正体も隠しつつ、次々に事件を解決していく。


オフィシャルサイト  「名探偵コナン」 公式サイト
画像検索  googl    yahoo


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。