魔人探偵脳噛ネウロ

作者 「魔人探偵脳噛ネウロ」 作者紹介
松井優征 埼玉県出身。「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞を受賞し、「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回十二傑漫画賞準入選を果たす。

主要登場人物 「魔人探偵脳噛ネウロ」 人物紹介
脳噛ネウロ このマンガの主人公。魔界の生きていた魔人だったが その主食である「謎」が全て消えてしまったために、 人間界に食料を求めて現れる。多くの悪魔道具を使う。
桂木 弥子 通称、ヤコ。人間界に来たネウロが初めて食した「謎」の事件を キッカケとしてネウロに使われる事になる。 ムリヤリ探偵として奴隷のように使われてしまう。

「魔人探偵脳噛ネウロ」 作品紹介

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (1)

魔人探偵脳噛ネウロ 4 (4)
女子高生・桂木弥子の父親が殺された。密室の惨殺事件。謎に満ちた事件は弥子の日常を混乱へ…。一向に捜査が進展しない中、悲しみにくれる弥子の前に脳噛ネウロと名乗る男が現れた。彼は言う。究極の『謎』を解きたいと…!!(第一巻)

無差別連続爆破事件発生!! ネウロと弥子を敵視する警視・笛吹の予想を裏切り、あらゆる手段で爆破を繰り返す犯人「ヒステリア」の犯行の目的とは? 犯行カードに隠された犯人からのメッセージをネウロが読み取る!!(第四巻)






画像検索  googl


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。