NARUTO-ナルト-

作者 「NARUTO -ナルト-」作者紹介
岸本 斉史 デビュー作「カラクリ」、代表作「NARUTO -ナルト-」

主要登場人物 「NARUTO -ナルト-」人物紹介
うずまきナルト 木の葉隠れの里の問題児で、忍者学校(アカデミー)の落ちこぼれ生徒。
パンチ得意技
「影分身の術」「多重影分身の術」
うちはサスケ 木の葉隠れの里で最も優秀な一族と言われるうちは一族の末裔で突出した才能とセンスをあわせ持つクールな男。
パンチ得意技は「獅子連弾」「火遁系の術」
春野サクラ 抜群の記憶力や知識を持ち、くノ一を目指し奮闘中。ナルトには気に掛けられるが、本人はサスケに夢中。
パンチ現在医療忍者として修行中
はたけカカシ 木ノ葉隠れの里の上忍で、その力は里の中でも屈指。 とらえどころのない性格だが、彼の持つ「写輪眼」は他の里でも一目置かれる。
パンチ得意技は「雷切」
イルカ 木ノ葉隠れの里の中忍で優秀で優しい性格の教師。ナルトの孤独な一面を理解してくれるナルトにとっての唯一の理解者。
パンチ得になし

「NARUTO -ナルト-」作品紹介

NARUTO(A) 2006年度 カレンダー

忍の里・木ノ葉隠れの里生まれのうずまきナルト(主人公)は毎日怒られてばかりの超問題児。 通っている忍者学校でも問題ばかり起こしイルカ先生を怒らせていた。

そんなナルトにも、5つの国(火の国、水の国、雷の国、風の国、土の国)の忍者が 目指す里の長(五影)の名をつぎ、木ノ葉隠れで一番の忍者に なるという夢があった。

その夢に向かってがんばるナルトだが、彼に対して里の人間たちは冷たい。 なぜなら彼には出生の秘密があったからだ。その秘密とは12年前に当時赤子だったナルトの身に里を苦しめた「九尾の妖狐(きゅうびのようこ)」が、封印されていたのだ。ナルトはその出生の秘密を知り、がく然とするが学校の教官イルカというよき理解者により 決意を新たにするのだった。

その後、無事忍者学校を卒業したナルトは、仲間のうちはサスケや春野サクラと新たに 忍者としての第一歩を踏み出す!

オフィシャルサイト  NARUTO公式サイト
画像検索  googl    yahoo



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。